記事一覧

定番の鍋料理といえば

鍋料理

地方グルメで有名な鍋料理

日本全国には、様々な地方グルメがあります。その中でも、九州の博多で最も有名で定番の鍋料理がもつと呼ばれるホルモンを豊富に使用したもつ鍋があります。牛肉の内臓肉であるホルモンと、キャベツとニラを唐辛子やニンニク等と煮込んで作る博多の名物鍋料理です。低カロリーで栄養価も高く美容にも効果的という事で、最近注目されてきています。特にコラーゲンやビタミンが豊富で野菜もたくさん採ることができますので、女性に大人気の鍋料理となっています。もつ鍋には、いくつかの種類のスープがあります。醤油仕立てが定番となっていますが、鶏ガラや味噌、塩等のスープを選べるお店もあります。おいしいスープは昆布やカツオ等でしっかりとしたダシが効いていますので、より一層味を引き立ててくれます。こってりした味からあっさりとしたコクまでスープの種類だけでも幅広く、お好みでもつ鍋の味が変わってきます。そのスープに、牛の内臓肉であるホルモンを投入しキャベツとニラで覆います。このホルモンはもつと呼ばれ、もつ鍋の名前のルーツになっています。お店によってはこれ以外にも様々な食材を投入し特色のあるもつ鍋を扱っている所もあります。もつ鍋料理店で食べる際の費用は、一人前で1500円から2000円程度です。二人で食べる場合は2500円前後で、三人から五人程度のグループで食事をする場合は4000円前後になります。複数の人と一緒に食べた方が一人当たりの費用が安く済むためお得です。もつ鍋が生まれたのは九州の博多ですので、博多の街に行くと至る所でもつ鍋料理店を見かけます。博多にあるもつ鍋料理店は老舗が多く、地元の人や全国から来るファンからの支持を得ているお店が多く存在します。博多の街に行った時には、もつ鍋料理を楽しみましょう。